バンコク・インターナショナルモーターショー(新たな物語に進む前に・・・鮮度がいいうちにピチピチのプリティたちをばw)

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
さてさて、
ほぼ1ヶ月前の話から、
急に3日前の話に飛びます(笑
友達がバンナーに引越したので、
お宅訪問ついでに、
BITECで行われている、
「Bangkok International Motor Show」
を見学に行ってきました。
・・・はい、車でなく、
プリティ見学です(笑
いや~よかったw
車でなく、プリティが。
車はよくわかんないです。
バンコクに住んでいて、
普段使いの車が欲しいっていう
欲求はあまり沸いてきませんし、、、
将来、田舎で生活!!っていうんなら、
1台欲しいところですが。
というわけで、
待望のプリティ写真ですが、、、
枚数多いし、、、
1枚1枚、ブログに貼り付けるの大変なので、
Flickerというサービスにアップしました。
ので、
そちらでごらんいただければと思います。
約30枚のプリティ写真はこちら!!
携帯でも見れますよね?
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

var idcomments_acct = ‘e904b1c57267a84fe65ccc6c3e16db2a’;
var idcomments_post_id;
var idcomments_post_url;

カーニバルっ子からの手紙~日本語訳版~

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
letter1.jpg
letter2.jpg
さて、
カーニバルっ子からのメールで、
7ヶ月の同棲生活に終止符が打たれたわけですが、、、
悲しいかな、
一読して内容を完全理解するほどのタイ語能力は
まだわたくしに備わっているわけではないので、
ざっと眺めて、だいたいの話の流れを見た上で、
あとは辞書に首ったけ。。。
それでも、ようわからんところはありますが、
一応、これまでカーニバルっ子と積み重ねてきた時間やらで、
文脈を補完しながら、
新井広大的超意訳をさせていただきます。
「なによりまずはじめに、、、
 起こったことすべてに関して謝らなきゃだよね。。。
 この手紙を書き終えるまでに、たくさん泣いたんだよ、、、
 私のせいで、広大を泣かせてしまったことが、
 とてもショックだった。
(訳者注:エントリーでは書きませんでしたが、、、
     結構、私も泣きました;;;)
 もし、私に時間を戻す力があれならば、
 広大を泣かすようなことは、絶対しないはずなのに。。。
 それともう1つ、ファランとも連絡なんかとったりしないのに。。
 私にとって、最高な人は広大だってことがわかったけど、
 わかるのがちょっと遅すぎたね。。。
 きっと愚かでずる賢い仲間と一緒に居過ぎたのかなぁ・・・
 
 広大が私にしてくれたこと、すべてに感謝しなくちゃね。
 広大のような人がいたことは絶対忘れないから。
 多分、広大に会いに戻ってくる権利は私にはもうないよね。
 でも、こんなこと広大に聞くべきじゃないよね。
 答えなんかもうわかってるはずなのに。。。
 広大がこの手紙読めるか不安だけど・・・
 私のことはわすれちゃってもいいからね。
 
 最後に、
 私には広大にあげられるものはこの言葉以外に何もない。
 ずーっとずーっと幸せでいてね。
 吐くまでお酒飲んじゃだめだよ。
 たばこの吸いすぎも、体に悪いからだめだよ。
 体大事にしないとだめだよ。
 そして、なんか心配事あったら、
 いつでも私に電話してきていいからね。
 電話番号は変えずにいるから。
 広大が電話してきてくれるのを待ってるから。
 私のために、いろいろなことを犠牲にしてきてくれて
 本当にありがとう。
 こんなわけのわからない私の手紙を読んでくれて
 ありがとう。
 それでも、広大が読んでくれたとわかったら、うれしいから、
 
 なんか、また2人で仲良く暮らす日も意外と早くくるんじゃ
 ないかって気もする。。。そう思わない?
 でも、元通りになろうが、なるまいが、気にすることはないよ。
 じゃあね。
 私は、また一緒に暮らしたいと願っているよ。
 タイ語も上手になっておいてね。
 私も、がんばるから。」
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

var idcomments_acct = ‘e904b1c57267a84fe65ccc6c3e16db2a’;
var idcomments_post_id;
var idcomments_post_url;

 

岐路・・・~最終話

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
わ「スリンに帰ったほうがいい・・・」
と言ってはみたものの、
それができないことは十分承知していた。
・・・あののどかなスリンの田舎で、
何年か過ごせば、初心な娘に戻れるんじゃないか・・・
そんな夢みたいなことも思っていた。
・・・バンコクの繁華街で、
日々客にうまいこと言われ、
乗せられ、
そしてスルリと逃げられる、、、
そんなことが繰り返され、
周りの子達に、そんな世の中を渡り歩く術を教えられ、、、
スリンにいれば、
そんな技術使う必要全くないし、、、
・・・完全に自分のことは棚に上げてます。。。
わ「ガップ スリン ディークワー
 (スリンに帰ったほうがいいよ。。。
  レーオコ ロー ファラン シ・・・」
 (で、ファラン待てばいいじゃん・・・)
カ「メー ダー ネーノーン・・・」
 (お母さん絶対怒るもん・・・)
わ「ボーク ダイ ワー 広大 ミー フェーンマイ レーオ 
 (広大が新しい女作ったとか、
  ルー ワー トン ガップ イープン・・・」
 (日本に帰らなきゃならなくなったとか言っていいから)
カ「ファランは? 広大がいることを知ってるんだよ」
わ「俺が適当な嘘並べたってことにしとけばいいじゃん」
カ「・・・マイ ヤーク パイ、、、
 (行きたくない、、、
  ヤーク ユー トンニー・・・」
 (ここにいたい・・・)
話ながら、
泣きながら、
ずっと私にしがみついたまま、
顔をあげようとしない。。。
いつの間にか、
奥底にしまいこんだはずの広大が、
復活までしている。。。
許してもいんじゃね、、、
いや、許したら、また絶対繰り返す、、、
こんなのどっちがいいのかなんて結論出るはずがない。
また繰り返されることを織り込み済みで許すか、
断固拒否するか、、、
自分で選ぶしかない。
自分で決めるしかない。
何周したかわからない走馬灯が、
ぐるぐる回っている。
それを再び、自分の懐に戻すことを選ぶか、、、
はたまた、その暖かい思い出を捨て去るか、、、
わ「ユー ドゥワイカン メダイ・・・
  広大 チュア カーニバルっ子 メダイ レーオ・・・」
一緒にいることはできない。
広大はもうカーニバルっ子のことを信じることはできない。。。
この日何度か口から出た言葉を、
改めて繰り返した。
そして、カーニバルっ子を引き離した。
「うそつきは嫌いだし、
 約束を守れない子も嫌いだ。
 もうこんな思いはしたくない。
 広大はそういう人間だ。」
7ヶ月の同棲生活が終わった。
翌日の話は、
また別の話になるのだが、
友人と約束があったので、
先に家を出ることになった。
とりあえず、カーニバルっ子は、
知人という知人に連絡を取り、
アパートを探しているようだったが、
とりあえず、しばらくは友人のところに
やっかいになるようだった。
荷物を一気に持っていけるわけではないので、
とりあえず、その日は、
身の回りのもの。
で、日を改めてまた荷物を取りにくることに。
そんな言葉を交わして、
涙ぐむカーニバルっ子を一人残し、
友人との待ち合わせ場所に向かった。
その日、日が変わったぐらいに部屋に戻る。
もしかしたら、まだいるかもしれない・・・
と思い、ドアを開けると部屋は真っ暗。
電気をつける。
部屋がきれいに掃除されている。
ベッドもきちんとなっている。
クローゼットを開けると、
ワイシャツにアイロンがきちんとかけられている。
そして、その横にあるべき
カーニバルっ子の服があらかた消えている。
カーニバルっ子はいない。
まるで違う部屋にいるようだった。
ふと気づくと、
あちこちに付箋が貼られている。
「また荷物とりにきたときに洗濯アイロンがけするから」
とか、洗面台の鏡には、
「寝る前にはちゃんと歯磨けよ」
とか、枕元には、
「女と寝るときには、ゴム使えよ」
とか、、、
なんだ?このドラマみたいな演出は(笑
で、特に一人ですることもないので、
パソコンを開いてメールチェック。。。
・・・カーニバルっ子から、
短い消し後がカーニバルっ子、
長い消し後が、私です。。。
letter1.jpg
letter2.jpg
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

var idcomments_acct = ‘e904b1c57267a84fe65ccc6c3e16db2a’;
var idcomments_post_id;
var idcomments_post_url;

死ぬ直前でなくとも、走馬灯は廻ります。。。いや、廻りました。。。【岐路Part3】

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
わ「もう、カーニバルっ子のことを信じることはできない。」
この言葉を切り出すことは、
私にとって「別れよう」と言っているのと
ほぼ同じことであった。
信じることのできない人間と一緒にいることなどできない。
約束したことを、
3日後に反故にする人間をどうやって信じろと。
しかも、それがタイ人だと正当化する人間を。
さすがに、この段で悟ったのか、
カーニバルっ子が一転態度を変えてきた。
カ「コートー・・・ごめんなさい・・・」
この日、初めてカーニバルっ子の口から
謝罪の言葉が出てきた。。。
・・・が、すでに、
私の気持ちは切れてしまっていた。。。
カーニバルっ子の口から、
何度も、何度も、
「ごめんなさい」
「もう一度信じて」
があふれてくる。
が、聞く耳など持たない。
そのうち、
カーニバルっ子の声が震えてくる。
涙もあふれてくる。
自分の頭の中では、
いろいろな場面がよみがえってきていた。
・・・ナナのカーニバルで初めて出合ったときの
無邪気なカーニバルっ子。
・・・自分に1000バーツを渡し、
颯爽と帰っていったカーニバルっ子。
・・・ウエイトレスからダンサーに転身し、
柱の影に隠れながら踊っていたカーニバルっ子。
・・・カーニバルから引き上げたとき、
仲間たちにやんや言われていたカーニバルっ子。
・・・一緒に行ったドリームワールドやサメット、
・・・スリンの実家、お姉さんやおばあさんやお母さん、、、
自分に泣く権利なんかあるのかわからないが、
自然とこみ上げてくるものがあった。
カーニバルっ子の顔を見たら
許してしまいそうな気がした。
事実、許ししてしまって元通りという選択肢も、
この時点で頭にはあった。
今回のことだけで、
終わりにしてしまうには、
一緒にいた7ヶ月はあまりに重すぎた。
カーニバルっ子をとりまく人たちが私に優しすぎた。
・・・が、頑なに許すことを拒否する広大も同時にいた。
自分を正当化するための理屈にすぎないのかもしれないが、
ここで許したら、きっと必ず同じことが繰り返される。。。
しっかりと自分のしたことの重大さを身に刻まなければ、
変わることなどできない。
・・・どれだけ、そうしていただろうか、、、
一向に許す様子がみえない私に、
カーニバルっ子が
カ「タム ヤンガイ ディー」
 (どうしたらいいの・・・)
頭の中にいる2人の広大、
そのうちの1人を暗い淵に封じ込めた・・・。
わ「ガップ スリン ディークワー・・・」
 (スリンに帰った方がいい・・・)
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

var idcomments_acct = ‘e904b1c57267a84fe65ccc6c3e16db2a’;
var idcomments_post_id;
var idcomments_post_url;

分かれ道・・・(ん?転機と一緒か??)

にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
・・・最初に、カーニバルっ子が
ファランとメールのやり取りをしているのを見つけたときも、
そのファランにメールしてやろかどうか迷って、
迷った末に、やめた。
今回も、迷いに迷ったが、
結局、メールを送った。
そこにどれだけの心境の変化があったのかはわからないが、
少なくとも、初回時は、
「これで終わりたくない」
という気持ちが、メール送信するブレーキになっていた。
が、今回は「これで終わるかもしれない」
という気持ちが送信ボタンを押すブレーキにはなりえなかった。
・・・もうすでにこの段階で、
いろいろな覚悟ができていたのかもしれない。
その翌日、
仕事を終えて、
帰宅。
なんだか、カーニバルっ子の機嫌が悪い。
っていうか、パソコンの前に座り込んで、
こちらを向こうとしない。
口もきいてこない。
ファランから、連絡がいったかな、、、
と思った。
こちらから機嫌をとる必要もないなと思い、
ベランダで一服。
シャワーを浴びて、ベッドに横になった。
そのまま、30分ほどが無為に過ぎた。
・・・カーニバルっ子が口を開いた。
か「○○(ファラン)にメール送ったのか」
わ「・・・うん、送った」
・・・その後のカーニバルっ子の口のきき方で
自分の心が決まった。
か「なんで、メール送った(怒」
心が決まった以上、
もう何も隠したり、取り繕ったり、制御する必要はないなと思った。
わ「メールBOX開いて」
か「なんで!!」
わ「いいから、開けよ!!○○にメール送ったかどうか
 確認するぐらいだから、○○からメール来たんだろ!!
 前に、もう連絡取らないって約束したけど、
 その後も、相変わらず連絡とってんだろ!!
 だから、○○にメールしたんだ、
 7ヶ月前からカーニバルっ子と同棲していて、
 結婚話も出てるって。
 おそらく、○○から、どゆこと?ってメールでも来たんだろ?
 それで、俺に何でメールしたっ!!てキレるって何?」
カーニバルっ子が一向にこちらをにらんだまま動こうとしないので、
自分で開いた。
あいかわらずログアウトしていない。。。
ぜ、前回のことがあった1月末以降のメールを
またいちいち確認。
わ「これ、約束した3日後だろ?・・・で、これ?
  何を信じればいいの、俺?」
か「・・・」
たかだかメールのやり取りに
ここまで腹を立てることはないのかもしれない。
が、無性に腹が立った。
約束が速攻でやぶられていたこと。
(これにはじまったことではなく、
 ちっちゃな約束がやぶられることはボイボイでした)
うそつきは嫌いだと豪語しながら、自分で平気でうそをついてたこと。
日々、働いて働いて疲れて帰ってきて、
それでも、それでカーニバルっ子の生活を支えたつもりに
勝手になりながら、その裏で見事に裏切られていたってこと。
なんだか、そんな思いが、
ここぞとばかりに一気に噴火口をみつけ飛び出してきたような
気分になっていた。
だから、その瞬間は自分でも何がなんだかわからない。
カーニバルっ子の口から最初に出てきた言葉が、
「コートー・・・」
だったら、違った展開になっていたかもしれない。
でも、そうではなかった。
自分の怒りがどんどんあふれてきていた、
そのどこかのタイミングで、一言誤ってくれたら、
やっぱり違った展開になっていたかもしれない。
でも、カーニバルっ子はそうしなかった。
あげくに、
か「広大が本当に結婚してくれるかどうかわからない、
  これは、その保険だ。
  タイの女はみんなこうだ!」
わ「本当にタイの女がみんなこんなだったら、
  俺は一人で日本に帰るよ」
わ「俺は、もう金輪際、カーニバルっ子のことを
  信じることはできない。」
私にとっての最終宣告だった。
これで、心が切れた。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

var idcomments_acct = ‘e904b1c57267a84fe65ccc6c3e16db2a’;
var idcomments_post_id;
var idcomments_post_url;